※本サイトのコンテンツには、一部プロモーションが含まれている場合があります。

【3Dプリンター】造形物の上面を綺麗に仕上げる方法を解説

3Dプリンター

造形物の上面を綺麗に仕上げるにはどのような方法があるのだろうか。

こういった疑問にお答えします。

■本記事の内容

・スライサーソフトの設定方法
・上面をツルツルに仕上げる方法

現在、私はCrealityのEnder-3 S1を使用しています。

そのため、今回は熱溶解積層方式(FDM)を対象とした内容になります。

本記事の内容を実践することで、このような仕上がりとなります。

※画像では確認しにくいですが、上面がツルツルとした手触りになります。

3Dプリンターで造形した造形物の写真
スポンサーリンク

造形物の上面を綺麗に仕上げる方法

下記2点を実施することで、ツルツルした表面に仕上げることができます。

なお、これからご説明する方法でアイロン機能を設定すると造形物の上面に位置する全ての面を対象に仕上げてくれます。

・スライサーソフトの「アイコン機能」をONにする。
・紙ヤスリで造形物の表面処理を行う。

具体的な方法を解説します。

①スライサーソフトをインストールする

普段、私が使用している「Ultimaker Cura」というスライサーソフトで解説します。

既に同じソフトを使用している方は、下へスクロールしてください。

以下に公式サイトのリンクを貼っておきます。

Ultimaker Cura 公式サイト

②アイロン機能をON

Ultimaker Curaでアイロン機能をONにする方法

Ultimaker Curaを立ち上げると、画面右側にプリント設定が表示されます。

画像赤枠の「アイロン有効」にチェックを入れて下さい。

アイロン機能とは、ノズルから微量のフィラメントを出しつつ、造形物の上面をなぞるようにして表面を滑らかにする機能です。

※設定項目をより展開することで、アイロン機能のパラメータを変更することも可能です。

Ultimaker Curaでアイロン機能を設定する方法

「アイロン有効」にチェックを入れると、「アイロンパターン」と「アイロン方向一貫性」が表示されます。画像と同じように設定して下さい。

これで、スライサーソフトの設定は終わりです。

実際に印刷してみて下さい。

③紙ヤスリで表面処理する

造形が終わったら、ラフトやサポート材、バリを処理します。

その後、表面のバリを紙ヤスリ(#1000あたり)でざっとなだらかにします。

ヤスリがけの時間を短縮したい方は、先にカッターで表面をさっと削った後に、ヤスリがけ(#1000あたり)すると良いです。(大きなバリを取るイメージ)

#1200~#2000にかけて、仕上げていくとツルツルした表面になります。

スポンサーリンク

まとめ

本記事では、造形物の上面を綺麗に仕上げる方法について解説しました。

他にも試作検証の記事を書いていますので、ぜひご参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました